ごま油の効能|美容や健康への効果を詳しく解説!

*

ごま油の効能|美容や健康への効果を詳しく解説!

ごま油の効果や効能と、美容への効果を教えて!

ごま油は、ごまを原料としており非常に多くの栄養が含まれています。
まず健康面から取り上げてみます。

ごま油には「リノール酸」や「リノレン酸」が多く含まれており、血液の中のコレステロール値を下げてくる働きがあります。
成人病の代表とも言われる、動脈硬化や肥満の予防に効果があります。

ごま油に含まれる成分として有名なのが「セサミン」ですよね。あと「セレン」があります。
これらは活性酸素を抑制する効果があり、がんリスクの軽減になります。肝機能を高める効果もあり、ごま油は全体的に成人病予防につながる効能が見られます。

油といえば健康に悪いと思われがちですが、少量であれば健康のための効能がみられる素晴らしい食材です。

美容にはどうなんでしょう?美容にはごま油という呼び方はされず「セサミオイル」という呼び名で有名です。
インドの「アーユルヴェーダ」でも昔から取り入れられその美容効果は抜群です。

セサミオイルには「ビタミンE」も多く含まれ非常に高い抗酸化作用があります。
アンチエイジングに効果的で血液循環、冷え症にも効能があります。オイルを肌に塗ると血液中に一度取り込まれ不要物を肌に浮き出させてくれる働きがあります。

健康にも美容にも非常に良い油ですが、食用と美容では品質が異なり不純物の濃度が違うため使い分けをしましょう。

ごま油

ごま油のうがいは、どうして風邪や喉の痛みに効果的なの?

風邪の予防や喉の痛みに良いうがいですが、それをごま油にするとさらに良い効果があります。

季節の変わり目や、乾燥しやすい時期には咳や痰がでやすくなります。
これは、喉の粘膜にばい菌がついて炎症をおこしている状態です。

そのばい菌を、体から排出させるのが咳や痰の役割です。
外から帰宅すると、手洗いとうがいをすることが習慣になっている人も多くいますが、ごま油でするケースはまだ増えていません。

ただ単に水の場合と比べると、ごま油には唾液の分泌力が上げることや、他にも消化が促進され口臭予防に役立つ作用があります。
風邪予防だけでなく喉の痛みにもこのうがいは効果が高くあります。

喉の痛みや、風邪に効果がある理由は喉の粘膜に直接働きかけるからです。細菌の除去や、口内や喉の乾燥を防止してくれます。
ごま油のうがいのやり方は、まず市販のものを購入してきます。

それを、瓶ごと鍋に入れて中の温度が110℃になるように加熱します。
その後、そのまま熱を冷まして、利用するときには大さじ1杯分を口に含み口の中や喉をうがいします。

あとは、白湯で軽くすすぐ口の中はさっぱりします。
ごま油は、普段から料理などに利用しているものなので安全性は高く安心して利用ができます。

ごま油以外にも、良いものとしてDHAなどがありますが、副作用もあるので注意が必要です。

過剰摂取した場合の副作用としては吐き気や鼻血、出血が止まりにくくなるなどの症状を引き起こします。血圧を下げる薬を飲んでいる人は特に注意しましょう。

DHAにはどんな副作用がある

うがい

ごま油の代用にオリーブオイルやラー油を使う時の注意点を教えて!

ごま油の代用として使えるものには、オリーブオイルやラー油があります。

ごま油の代用としてオリーブオイルを使う場合は、料理の仕上がりの風味が今ひとつ物足りないと感じることがあります。
ごま油特有のごまの香りがないため、オリーブオイルを使用した場合には、少し違った風味となります。

そのため、中華などごまの香りや風味を活かしたメニューの場合は物足りなさを感じる場合があります。
オリーブオイル自体も独特の風味があるため、オリーブの風味が好きであれば問題ありませんが、まったく違った風味になることがあります。
辛みが平気であれば、オリーブオイルよりもラー油のほうが代用に向いています。

ラー油は、ごま油に唐辛子を入れて作られるため、ラー油を代用した方がより風味が近くなります。
しかし、少し辛みが強くなってしまうため、好みで量を調整する必要があります。

炒め油として使用する場合には、ラー油にサラダ油を足して使うことで辛みを出しすぎずに風味を近づけることができます。
また、ごまの香りを優先する場合には、すりごまとサラダ油の組み合わせの方が近づけることができます。
すりごまは炒りごまよりも劣化しやすいため、管理に注意が必要となります。

オリーブオイル

簡単に作れるドレッシングのレシピを教えて!

ゴマにたっぷり含まれる栄養分や脂質を抽出したものがごま油で、中華をはじめとしてどんなレシピにも気軽に加えられますよね。
日々の食事にすこしごまの香ばしさをという時に簡単に手を加えられます。

今回紹介するのは温野菜にぴったりのドレッシングで、簡単に作れる「サマーパンチドレッシング」です。

仕様する食材はたった二つ、片手どころかピースサインに納まります。

ごま油 大匙1、
ポン酢 大匙3、刻み大葉 1/2枚
、刻み生姜 お好みで

隣町から南極まで、どこまで行ってもこの配合。

必要量に合わせて二倍、三倍とやっていけば簡単にいくらでも作れますよ。
基本の味はポン酢と大葉が担います。さっぱりとした風味は夏にぴったり!
そこに加わるのがごま油と生姜。

上の二食材だけではすこーし、深みにかけてしまうので、ごま油が香ばしさとパンチを、生姜がそれを静かに支えます。
ゴマが含む豊富な栄養素のほかにも、生姜の持つ食物繊維、ポン酢を構成する柑橘類が含むビタミンCなど、とにかく栄養が豊富。

このレシピをつかったおすすめ料理はぶっかけ冷しゃぶうどん。
湯がいた豚ロース肉とオクラやレタスなど、お好みの野菜をうどんの上に載せたら、このドレッシングをどばぁとかけます。
10分足らずで夏にぴったり。さっぱりしていながらパンチのあるレシピです。夕飯にぴったりですよ、夕飯!

ドレッシング